海外で生きてる私の暮らしと家計簿

生まれ育った日本を離れ、外国で暮らす私と家族の日々の暮らし、仕事、旅行、家計管理の事など綴ります。

私の決意と家族の未来&今年のRCIポイントと旅行について

      2016/09/25

スポンサーリンク

 

去年度のリゾート会員権のポイントをRCIで交換し、今年のバケーションに全て使った事は数日前に書きました。リゾート使用権3週間分がRCIで40ポイントになり、来月のカナダ・ケベックのスキーリゾート、12月のハワイ島のリゾートに1週間ずつ泊まります。

泳げる湖が歩いて行ける距離の別荘地へ引越してきた事もあり、今年から私達家族は夏にどこかへ旅行に出かける事は、もう殆どなくなるんじゃないかと思います。夏の間は家のプールとすぐそばの湖で思いっきり楽しみ、旅行は子供達の冬休みと春休みの間に毎回出かけるパターンになるだろうねと主人と話しました。

私が今回の引越しにとても意欲的だったのは、買ったこの家がとても気に入ったのがもちろん1番の理由ですが、もっと前から家を売ってもう少し安い家に引越したかったんです。ダウンサイズするつもりで、前の家が1億2千万円くらいで売れるのは近所の相場を見て分かっていたので、上限1億円までの値段で売りに出ている家を毎日、不動産のサイトで探していました。

8月にオーランドに旅行に行ってた2週間もPCを持って行き、毎日かかさず探しましたよ~(笑)私は時に、値段重視になりがちで何十軒か主人に聞いてもダメ出しをされまくり、数軒見に行っても気に入らなかったりで、お互いがこれだ!って思えた家に出会えるまで時間がかかりました。でも、待った甲斐があるだけの価値のある家にやっとめぐり会えたし、毎日サイトをチェックしていたからこそ掘り出し物を見つけられたと今は思っています。

私がどうしてそこまで毎日数回も不動産サイトをチェックして家探しをしていたかと言うと、このブログを始めたきっかけでもある、私達夫婦の唯一の負債である住宅ローンを何とか早く終わらせたかったからです。

去年は繰上げ返済だけでも300万円、毎月の返済額と合計で600万円ものお金を住宅ローンの返済に充てました。これだけのお金を毎年返済していければ、4千万円弱残っていたローン残高もこの調子で頑張れば7年で完済出来る予定でした。一昨年に10年で完済を目指していたので、目標は達成できたと思います。

でもそれじゃあ遅すぎる、もっと早く経済的余裕が欲しいと切実に思うようになったのは、去年帯状疱疹をしたり、私が日本に帰る度に集まってくれてた中学の同級生が乳癌で亡くなったり、母の老いを感じて心配になる出来事が数回あって、私のこれからの人生についてすごく考えさせられました。

私はどうやって生きて行きたいんだろう。住宅ローンを早く返したいからと、これからの7年間日本に帰る事を毎回ためらいながら、出費を気にしてお金と自分のやりたい事を天秤にかけながら時間を過ごしていくのか。これから完済するまで、会いたい家族、友達、私にとって大事な人達と笑って過ごす貴重な時間を犠牲にして、本当に後悔しないのか。

たかが7年、されど7年。去年は色々ありすぎて、40歳を過ぎた私にとってこれから続く7年間は果てしなく長く感じました。

完済するまで日本行きを2年に1度にしたり、3年に1度にしたりで、母と子供達が一緒に過ごせる時間があとどれ程残っているんだろう。私自身だっていつまで生きれるかなんて誰にもわからなくて、次また会おうねーで別れて、次が来ない場合があるのが運命であって、同い年の友人を今までに2回亡くした経験をして身を持って分かってるはず。

それ程満足している訳でもない家にこれから7年間も縛られて時間を無駄にするくらいなら、さっさと売ってしまってダウンサイジングして、経済的自由をもっと早く手に入れたい。負債を1度に綺麗サッパリ無くす事は出来なくても、7年じゃなくもっと早く完済出来て、なおかつ毎年日本に帰る事を諦めなくていい生活がしたい。

そんな事をぐるぐる考えていて、去年はとても焦っていました。

スポンサーリンク

 

私のやりたい事はわかってるんです。毎年日本に帰りたい。母や姉家族や従兄弟達や、大好きな30年以上も続いている友達と1年に1度、数日でもいいから顔を見て笑って時間を過ごしたい。また会えたね、元気でよかった。また来年も来るから元気でいてね。そうやってこれからの人生を過ごしていきたい。高価なバッグや洋服や指輪や時計じゃなくて、私の心を暖かくしてくれるのは、毎年家族4人で日本に帰り、家族や友達と会って過ごす時間。

私はこの国で主人と生きて行く事を決めたから、その代わり失った大事な事もある訳で。その大事な事とは、日本にいる家族や友達との時間だったり、私の日本に戻って住みたい気持ちだったり。

夫婦で働いて生活するのが精一杯だった以前とは違い、今は自分達次第で余裕のある家計を作ろうと思えば作れる収入を得る事が出来ています。その余裕をこれからも住宅ローン返済に充てるのか、これから7年間を無駄にするのか、それとも我が家の経済状況を家を売る事で見直し、バランスよくやりたい事を見極めながら、好きな事を選び取って悔いなく生きていくのか。

母の7年後を想像し、私が後悔しない為に。借りたものは返さなきゃね、でも人生楽しまないとね。幸せだったと死ぬ時に心から思えるように。

これからは毎年冬に日本に帰り、母が行ける限り行きたい所に旅行し、春休みはリゾート会員権を使って主人と子供達と旅行を楽しみます。フロリダ、ハワイ、メキシコ、ジャマイカ、プーケット、バリ、行きたい所は沢山あります。これから後何年、いつまで子供達が家族旅行に付き合ってくれるのかわかりませんが、一緒に行ける間はどんどん楽しみたい。

今年のリゾートをRCIのポイントに交換したら、今の時点で36ポイントになりました。

来年の春休みは何処へ行こう。今から色々想像してワクワクします。これからもこうやって私は生きていきたい、だから仕事も頑張るし、子育ても、家計管理も。やりたい事を諦めず、だからと言って大満足のドリームホームを購入する為に借りた住宅ローンの返済ペースを緩めず、4年で完済出来るように。

後悔のない人生って難しいと思うけど、自分にとって何が大切なのか、その時々の自分の声に耳を傾けて、自分に忠実でありたい。そうする事で、いつも幸せを感じられる人生を送れると信じています。

私にとっての幸せな人生とは、人とは違うかもしれない。アーリーリタイアして仕事を1日でも早く辞める事でもなく、ミニマリストを目指している訳でも1億円貯金したい訳でもなくて。お気に入りの物に囲まれて暮らす人生も楽しいと思うけど、私は物じゃなく人に執着したい。

ただ、大事な家族と、友達と、これからも出来る限り一緒に時間を過ごして同じ景色を見て美味しいものを食べて、一緒にくつろいでいっぱい笑って、幸せだなって感じる瞬間がこれからも沢山ある人生を過ごせたらいいなと思ってます。

その為に私はこれからも全力で努力して、この国で頑張っていくつもりです。

今のこの気持ちを残しておきたくて、ブログに書いてみました。

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

  関連記事

海外で働くー語学でネイティブに敵わないなら、別のスキルを身につけて対等になるべし

以前、海外で逞しく生きるコツとして、何回かのシリーズに分けて自分の経験してきた仕 …

海外で働くー私が今の仕事をするようになったきっかけ、完結編

恐ろしいくらいにシリーズ化してしまいました...今日が最後です。 だって、完結編 …

裏庭プロジェクト第2弾!プール開きの準備も始まりました。

フェンス工事が始まろうとするのと同時に、スイミングプールの会社からも、掃除して今 …

裏庭のプールを閉めてからの電気代。やっぱりプールは高かった!

今年の2月半ばに今の家に引っ越してきてから、自分達で見直したり自然とそうなってし …

海外で生活するー若い頃やってみたかったワーキングホリデー

私がこの国に来て知り合った日本人は、年齢によって違いましたが大体こんな感じでした …

新しい家の鍵をもらいました、私のドリームホーム公開します♪

昨日は待ちに待った新しく買った家の引き渡し日でした。今までの経験から、どうせ午前 …

家の買い替えにより変化する、これからの我が家の住宅ローンについて考えてみた

こんにちは。 年末なので、そろそろ今年1年分の家計簿の締めやら来年の予算決めなど …

今年のRCIウィークポイント

新しい年になったので、早速今年分のプレミアム週の使い道を考えました。 とりあえず …

集会に参加してびっくり。いがみ合う隣人達、先が思いやられます

こんにちは。まだ体調は本調子ではありませんが、ゆっくり治っていっています。発熱の …

海外で働く-私が今の仕事をするようになったきっかけ、中編

前回の話の続きです。 前回の話がまだな方はこちらから→海外で働く-私が今の仕事を …

Comment

  1. りょうこ より:

    ほんと大切な人とのつながりって宝ですよね!

    • neinan より:

      りょうこさん、

      本当ですよね。決意だなんて大げさなんですが、毎日の暮らしの中で、いつの間にか大切な事を忘れてお金の計算してやりたい事の優先順位を決めてしまったりとか、私は結構ありがちなので...これからは日本に帰る事に対して引け目を感じたり、4人分の飛行機代を見てため息ついたりするのは辞めようと思い、自分の気持ちをまた振り返って読み返せるようにとブログに書いてみました。

      もちろん節約も、どうやったらお得に行けるかなんかも今以上にリサーチして励みたいと思ってます♪

コメントを残す