海外で生きてる私の暮らしと家計簿

生まれ育った日本を離れ、外国で暮らす私と家族の日々の暮らし、仕事、旅行、家計管理の事など綴ります。

ついにその日が来た?男の子がママと一緒にいるのを恥ずかしいと思う時

      2016/09/25

スポンサーリンク

 

私には2人男の子がいます。多分ほとんどの男の子がそうなように、うちの坊主達もむちゃくちゃマザコンです。

下の子はまだ3歳半で、どっちかと言うと年齢相応のマザコン、あっさり系だと思います。

が、上の子は今7歳ですが、結構な粘着系マミーズボーイかな、と。

ここではどれだけマザコンなのかは省略しますが、先週、中国語のクラスに送り届けた時の事。

いつものように一緒にクラスに入り、空いてる机が結構あったのでどこに座る?ここでいい?って聞いて一つの机にリュックを置いて筆箱など出そうとしてたら...

他の仲のよいお友達が座ってる近くに座りたかったのかな、「ここに座る」って別の席を指差して、でもそこは椅子が机の上に乗ってて。

「えー、こっちに空いてる席が沢山あるのに、本当にここがいいの?」って聞いたら、

「もう...一度言ったでしょ。」って、他の周りにいる男の子達をちらっと見て、すごーくいやな顔されて溜息つかれた(涙)

外で待ってた主人に、「なんかこんな仕打ちされたんだけどー。何なの、友達の前で私に世話焼かれたくない年頃にもうなっちゃったの?ちょっと早すぎない???」ってずーとぐちぐち言ってたら、

「あのさあ、いつまでも皆の前でもママーってやってるよりはこの方がいいんじゃないの?」ってあっさり言われてしまいました(^^;)

スポンサーリンク

 

「じゃあこれから私が車で待ってるから、男同士であなたが全部やってね。」と主人に伝え、帰りも私は下の子と家で待つ事にして、迎えには主人に行ってもらって。

帰ってきたら、「ママ、ただいま~♪」っていつものマザコンボーイでしたが、私はなんか寂しい気持ちのままで。

夜寝る時になって、主人が上の子と話した事を教えてくれました。

ママに冷たい態度取ったの?ママが色々世話するのが恥ずかしかったの?って聞いたら、上の子曰く、

「いや、ママが恥ずかしいんじゃなくて、中国語が話せないママがクラスに来て、僕も話せないし、先生に何か話しかけられた時に2人共先生が何言ってるかわからなくて、それを友達に見られるのがちょっと恥ずかしい。だから中国語のクラスだけは、ダディが来てくれたら中国語話せるから僕が解らなくても皆僕達の事見ないからそっちの方がいい」みたいな事を言ってたらしいです。

うーん、そうだったのか...じゃあまだ私と一緒にいるのが恥ずかしい訳ではなかったのかな。

次の日に聞いたら、中国語のクラスはやっぱり私じゃなくて主人がクラスに来てくれたら話が解るからいいな、ママが嫌いなんじゃないよ、ただママ中国語解らないからって何か申し訳なさそうに言われてしまいました。

ああ、男の子の心も結構複雑。でもそれでいいんだよね。自分の主張がないとね。

また一つ成長を感じた出来事でしたが、今回のは結構ぐさっと来たなぁ。これからもっとあるんだろうな、覚悟しとかなきゃ(^^;)

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

  関連記事

上の子が初めてのピアノグレード試験を受けてきました

ピアノを習い始めてそろそろ2年が経とうとしている上の子、今日は初めてグレード試験 …

公文は学校の勉強に本当に役立つのか、海外編

上の子を公文に通わせています。 以前にもちらっと書いたと思うのですが、知り合いの …

昨日の支出と新学期でバタバタ

新学期が始まってますが、結構バタバタしてます(^^;) 新しい学校なので、上の子 …

すごく大事な事を、決めようとしているのか

体調復活しました~。夕べも晩御飯ちゃんと作り、何とか支出0で週末乗り切りました。 …

2016年3月ケベックスキー旅行 その4-犬ぞりとチュービング

旅行が始まってすぐに食あたりで寝込んでしまった主人をそっとしておき、私と子供達は …

どんくさい子の方がかわいい?器用な子の方がかわいい?

「ママ、僕とN君(弟)、どっちの方が好き?」 こんな風にお子さんから聞かれた事が …

子供のしつこさにイライラ~な日々

日本語学校の出待ち中です。 昨夜はどうしてもつらくて12時前に寝ましたが、今朝は …

落ち込む

金曜日から激しく気分が落ち込んでいます。 仕事でちょっとあって、それを引きずり子 …

姑との関係はザ・修行

結婚したら付いてくるのが、姑、舅を含めた新しい家族との関係ですね。 主人の家族は …

子供達の習い事とお金の話

以前から何回か書いてると思いますが、私達夫婦は子供達に色々な習い事をさせています …

コメントを残す