海外で生きてる私の暮らしと家計簿

生まれ育った日本を離れ、外国で暮らす私と家族の日々の暮らし、仕事、旅行、家計管理の事など綴ります。

寒すぎて、夜中にバリンッてガラス窓が割れた。こんな事ってあるんだ(^^;)

      2016/09/25

スポンサーリンク

 

金曜日の夜11時過ぎ、私達家族は皆寝室でもう既に寝てたんですが、いきなり

バリンッ!!

って凄い音がして、主人、私、そして何故か下の子(笑)がガバッと飛び起きました。確かに、何かガラスが割れた音。

一瞬、誰かがボールかなんか投げて窓ガラスにあたった???って思ったんですが、ここは静かな住宅街、まして外はマイナス18度くらいなので、人がうろうろしている訳はありません。

主人が窓にかかっていたドレープを少しずつ上げていくと...パリンッパリンッてガラスの破片が床に落ちてきて。

私達の寝室の、部屋の中から見て1番左上の窓ガラスが割れてました。それも内側から。

うちの窓は(この国では普通なのかな、あまり詳しくありませんが)2重になっていて中が隙間と言うか空洞になってるんですが、割れたのは内側の窓ガラスのみで、外側の窓はなんともありませんでした。とりあえず外から風が入ってくる心配がない事だけはわかったので、ドレープをまたゆっくり降ろし、ガラスの破片をささっと片付けて、明日考えようって事で皆寝ました。

その間中、電気点けてたし、ハンドクリーナーで床を掃除したりしてたのに、上の子はずっとぐーぐー寝てました(笑)ちっとも起きる気配なかったわ。さすがに下の子も、私達が起きてる間は興味深々にベットから私達が動いてるのを見てたけど、また電気消して、「寝ようか~」って言ったら2分くらいで寝落ちしてました。

次の日の朝になっても、ドレープを触ったらまたガラスが落ちてきそうなので、そのままにして業者の方に電話。後、家の保険でカバーされるかもしれないので、保険を取り扱ってもらってるファイナンシャルプランナーのAさんにもメッセージを残しました。でも週末だし、まだ誰からも連絡がないので...業者の方が見に来るまでは、触らずにこのままにしておこうという事に。

スポンサーリンク

 

昼間に、家の外から見てみました。ちょっと見えにくいんですが、赤丸で囲んである右側の真ん中が分度器の形で割れてます。その周りはヒビ割れ。

寒すぎて、家の中と外の温度差が激しすぎて、水分とか気圧?水圧?とか色々解りませんが、内側の窓ガラスがプレッシャーに耐えられなかったみたいです。

こんなの初めて。確かに今年の冬は寒いし、でも結露が私達の寝室の窓だけすごいなって思ってたんですよね。ちょっと外の気温が下がると、水分ががーって流れてきて、常に窓枠にはタオルを置いてました。直さないとだめだよね、暖かくなったら考えるかって主人と話してた矢先の事でした。

ボーナスが入るとお金のかかる出来事が起こる。これってなんかお決まりコースな感じ。今年は家メンテでは屋根を直す分しか確保してなかったのですが、業者の方に見て頂いて、見積もり次第で今年の予算変更しなきゃ(^^;)

いやぁ、こんな事ってあるんだ...びっくりしました。寒い国に住む皆様、春はすぐそこですよ、もう少しの辛抱ですよ~。

スポンサーリンク

 

ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

  関連記事

我が家に新車がやってきた♪ カローラSです

こんばんは。 ストレス解消に衝動買い!って訳ではないのですが、我が家に新車がやっ …

2週間ブログほったらかしでした

お久しぶりです。 今回は現実逃避ではなく、ちゃんと残業してました(笑) もうなん …

現実逃避癖が止まらない、やっぱり冬は嫌いです

こんにちは。また1ヶ月近くほったらかし状態になっていました...がんがん記事書い …

夏休みの思い出

私の住んでる国では、小学校が6月の終わりから夏休みに入ってます。 もうそろそろ1 …

心をオープンにしすぎると、思いっきり傷つく事があると学んだ日

タイトル通りです。最初に学習したのは19年も前の事。 日本食レストランでアルバイ …

やっと普通の生活が戻ってきた...と思う

1週間もブログほったらかしになってました...久しぶりの投稿です。ここまで書けな …

プールの夢、儚く消え去りました

あんなに張り切って買ってきた250kgもあるプールですが… 今日返品してきました …

来年の旅行の計画

今日も友達家族と、家から15分程の市のプールに行ってきました。 市のプールなので …

トラブル発生でバタバタ

火曜日に午後有給を取って上の子とうきうきーなんてしてたら、昨日はその分仕事が溜ま …

夏が終わり、プールを閉めました。

と言っても今日も31度、明日も27度と相変わらず暑い日は続きますが~。 子供達の …

コメントを残す